土佐藩は、幕末の異国船渡来により、海岸防備のため須崎に三箇所の砲台を築造しました。

そのうちの一つが西浜公園として残され、国の史跡に指定されています。